浴室暖房の搭載機能

浴室暖房には多くの機能があります。浴室を暖かく保ってくれるだけではなく、浴室の換気や乾燥機能、衣類の乾燥などが出来る機器もあります。最近のモデルではサウナなどを楽しめるものなどもあります。

熱源の選択

浴室暖房に使用できる熱源は一般的に電気を熱源にするものとガス温水式のものの2種類です。電気式はセラミックのヒーターを使用している場合が多く、ガス温水式の場合は外の熱源機で温めたお湯を使用して熱源にします。

設置方法

天井埋め込み型のものと、壁掛け型のものがあります。浴室暖房は天井埋め込み型の場合は既存している換気扇などを取り外してから設置します。壁掛けの場合は設置するのが簡単となっているのが特徴です。

設置する機器の選択

多くの方は自分の生活スタイルに合わせて浴室暖房を選択しています。様々な機能が付いているため、自分の目的に合わせた使用方法が出来るようになっているため、入浴スタイルや予算などを含めて機器を選択すると後悔しません。

浴室暖房とは

浴室暖房とは、冬場の入浴の際にかかる身体の負担を軽減するために使用される浴室専用の暖房機器のことです。
冬場の入浴は誰もが寒くて億劫になってしまいがちですが、それだけではありません。冬場のお年寄りの入浴の際には、入浴している際の事故が高くなる傾向にあります。
この事故は浴室と脱衣所、入浴中、浴槽の急激な気温の変化によるヒートショックが原因であることが多いと言われています。
急激な気温の変化に血圧が大きく変動するため、心臓に普段はかからないような大きな負担がかかることによって死亡事故につながるケースが多くなっています。
このような事故を防ぐためにも脱衣所や浴室に取り入れられているのが浴室暖房となっています。
この死亡事故のことをしっかりと考えて取り入れることを検討する方も増えています。

脱衣所と浴室の気温の差をなくして入浴中の事故を防ぐことが出来る浴室暖房ですが、浴室暖房の仕組みはかなり単純です。
浴室暖房を行なうさいに使用する熱源を利用して浴室と脱衣所などに温風で温める仕組みとなっています。
夏の入浴の際にも涼風機能が付いているので、快適な入浴を行なうことが出来るようになっています。
身体を効率良く冷やしてクールダウンをすることが出来るので、夏に気になる汗を最小限に抑えることが出来ます。
冬は暖かく夏は涼しいので、入浴がかなり快適になることから設置する方が多くなっています。